イタリア X 暮らし

【人生変える】ツンドク解消!耳で聞く読書ミミドクで読書量が50倍!

how to listen books

 

困った人
資格を取りたいし、最近ブログも始めて文章の書き方やWebマーケティングの勉強もしたいし、自分の世界を広げるためにもっともっと本を読みたいんだけど時間がなくてツンドク(積読)状態、、、どうしたらもっと本を読めるの?

 

実はわたしもずーっとそのことで悩んでいたの。本を読みたい、読まなきゃと思うんだけど家事、育児、仕事であっという間に時間が過ぎて、テレビの前にいる時間もないのにどうやって本を読むのって?
おのP

 

困った人
たしかに座って本を読む時間なんてないですよ!

 

それがね、今年から耳で聴く読書つまりミミドクを始めて読書量が一気に増えたんだよ。なんと4か月で31冊も読んでいたわ。このペースでいったら年間100冊も夢じゃない!
おのP

 

困った人
耳で聴く読書ってサービスきいたことあるけど、サブスク高くないですか?あと、自分の読みたい本ってあるのかな?

 

オーディブルという聞く読書のサービスもとってもいいんだけど、Kindleという電子書籍の読み上げを利用しない手はないです!
おのP

 

詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること

  1. 耳で聞く読書、ミミドクの種類
  2. 読み上げ方法3つ
  3. ミミドクするとさらにこんなメリットも

 

過去の10年の注文履歴を見たところ、育児書や実用書、趣味や料理、健康の雑誌を年間平均5冊というありさまでした。

それが、今年の1月からミミドクを始めたら4月末までに31冊! 量もさることならが、雑誌やハウツー本ではない良書を読むこともでき、初めて読後に感動しました。

例えば、『Life Shift』や『Factfulness』、『エッセンシャル思考』、『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』。

読後に初めて感動するという体験を味わいました、ワクワクしました。「そうか!」ってアハ!体験がありました。

人生変わります。

でも、時間が~、と思っている方、ミミドクで解決するかもしれません。

電子書籍代以外はお金がかからない方法もありますのでぜひ最後まで読んでくださいね。

 

ミミドクの種類

how to listen books

 

本を聞く方法は大きく分けると、

  1. Amazonの聴く読書オーディブル
  2. Kindle本をKindle端末で読み上げる方法
  3. 端末にAlexaアプリをダウンロードして読み上げする方法
  4. iOS やAndroidの端末で読み上げる方法

があります。

順番に見ていきましょう。

 

オーディブル

オーディブルはAmazonのサービスで、月額1500円で本一冊と交換できる1コインをもらえます。

対象本は40万冊でラインナップはまずまずです。

プロのナレーターや著者本人がナレーションしているので他の方法に比べて断然聞きやすい

わたしは7つの習慣の英語版を買いました。コービィー博士や息子さんのショーンさんの肉声で7つの習慣を聞けて、感動しています。

 

メモ

メリット

  • プロのナレーターのナレーションなので断然聞きやすい
  • オーディブルのアプリをスマホなどの端末にダウンロードするのみ、専用の端末は要らない
  • ダウンロードしておけば出先でオフラインで聞ける

デメリット

  • Kindle本の読み上げする場合に比べてたいていの場合高い
  • テキストで読みたいときに読めない
  • 目的の場所を検索しにくい

初月一か月は無料なので試してみる価値はあります。

一度買ってしまえば自分の物になりますのでオーディブルのサブスクを止めても聞けます。

 

 

オーディブルの難点は、月1500円で一冊なので、もっと聞きたい場合追加料金がかかること。

また対象本が40万冊なのでお目当ての本がない場合があります。

この問題を解消してくれるのが、AmazonのKindleという電子書籍を買って、

  1. Kindle本をKindle端末で読み上げる方法
  2. 端末にAlexaアプリをダウンロードして読み上げする方法
  3. iOSやAndroid端末で読み上げる方法

です。

Kindle本の最大のメリットは対象本が多いこと。そして、Kindle Unlimitedというサービスを使えば月額980円でかなりのKindle本が読み放題になります。

あとから普通の値段になって「Unlimited対象の時に読んでおいてよかった」と思ったことが何度かありました。

ときどき無料体験や2か月で99円キャンペーンなどやっていますので試してみるのもありですね。

 

読み上げ方法3つ

how to listen books

 

方法①:Kindle端末で読み上げる

わたしが一番多く使っているのがこの方法です。

電子書籍をじっくり読むのにも使いたい、操作が簡単、という理由でKindle Fireを買いました。

読み上げを開始するには、Kindle本を立ち上げ、本を選び、再生ボタンを押すだけ。

読み上げ速度も簡単に変えられます。

 

Amazonが出している電子書籍デバイスはいろいろありますが、Text-to-speech(読み上げ機能)がついているものを選んでください。

Kindle Fire 7, Kindle Fire HD8, Kindle Fire HD10の第7世代以降のものにText-to-speech(読み上げ機能)がついています。(2020年5月現在)

実際購入検討するときは、各商品の下のほうにある「カスタマーQ&A」の検索欄に「読み上げ」と入力すると読み上げ対応しているかどうか確認できます。

how to listen books

 

わたしはフリーランスで家にいることがほとんどです。なので読み上げもほとんど家の中でKindle Fireで全く不便を感じません。

ただ、外出先で聞きたい場合、バックグラウンド再生もしてくれるので誤作動はあまりないのですが、サイズが大きくポケットに入らないことと、重量がスマホに比べて重いのが難点。

ちなみに、わたしのもっているHD8はサイズ202 x 137 x 9.7mm、重さ355gです。

 

メモ

メリット

  • 操作しやすい
  • 通常の読書用として使える
  • 図表やイラストで読み上げが止まらない
  • 読み上げの音声はまあまあ

デメリット

  • 時々読み方を間違える
  • サイズと重量がスマートフォンと比べて大きく、重い

 

 

方法②:端末にAlexaアプリをダウンロードして読み上げする方法

iPhone やAndroidスマホにAlexaアプリをダウンロードし、自分のAmazonアカウントでサインインします。

あとはAlexaに以下のように指示するだけです。

Kindle本を開いて

Kindleの[タイトル]を読んで

[一時停止・停止・再開]して

早送り/早戻しして

音量を[1-10]にして

 

Amazon Alexaアプリを使うと、図表でとまらない、倍速読み上げもできる、何よりバックグラウンド再生ができます。

ハンズフリーでできるので料理をしているときなど便利です。

「やった!これで外出先でもスマホで読み上げできる」と思ったのですが、オフライン再生ができませんでした。

もちろんオンラインならば読み上げ可能なので外でも聞けます。

「どのくらいの通信量がかかるのか」と「スマホの電池がどのくらい持つのか」が課題です。

 

メモ

メリット

  • 今持っているスマホで読み上げできる(初期コスト0)
  • 図表で止まらない
  • バックグラウンド再生できる
  • 声もまずます
  • Kindle Fireに比べて軽い

デメリット

  • オフライン再生できない

 

方法③:iOSやAndroid端末で読み上げる方法

(1) iOS端末で読み上げ

iPhoneに「Kindle for iPhone」アプリをダウンロードし、ボイスオーバー機能で読み上げる方法です。

Kindleアプリを立ち上げ、読みたい本を選び、2本指スワイプすると開始します。

図表で止まってしまう難点がありますが、文字の大きさを最小にして、横向きで画面を固定すると、図表と文字が1ページに混合している場合は止まらない可能性が高いです。

こちらのサイトで詳しく説明しています。

*2021年4月現在、図表で止まる問題は解決しているようです。

これだけやっておけばポケットに入ってKindle端末よりも軽いので便利です。

あらかじめKindle本をダウンロードしておけばオフラインで読み上げも可能です。

 

メモ

メリット

  • 今持っているスマホで読み上げできる(初期コスト0)
  • オフラインで読み上げ可能
  • Kindle Fireに比べて軽い

デメリット

  • 図表やイラストで読み上げ止まる→文字を最小にして横向きでロック
  • 画面が回転すると止まる→回転ロック
  • 声もかたこと
  • バックグラウンド再生できない

 

(2) Android端末で読み上げ

Kindle for Androidアプリをダウンロードし、トークバック機能で読み上げる方法です。

手もちのAndroidスマホで試してみましたが、わたしは操作性がいまいちでした。いったんトークバックに切り替えるとさまざまなジェスチャーを覚えていないと思ったような操作ができなくなるのです。

これ以外はKindle端末よりも軽い点は便利で、あらかじめKindle本をダウンロードしておけばオフラインで読み上げ可能です。

Androidのほうが読み上げの声は一段と良くなっているそうです。

メモ

メリット

  • 今持っているスマホでミミドクできる(初期コスト0)
  • オフラインで読み上げ可能
  • Kindle Fireよりも軽い
  • 図表で止まらない
  • 2019年8月からアンドロイドのGoogle text読上アプリが更新され声が向上した

デメリット

  • 操作性が悪い
  • バックグラウンド再生できない
  • 画面が回転すると止まる→回転ロック
  • 通知で止まる→通知オフ
  • 操作しにくい

 

ミミドクするとさらにこんなメリットも

本をKindleにすれば場所をとらないという別のメリットもありますね。

ミミドクすることで目も疲れないし、本を聞きながら他のことができます。わたしの好きなミミドクの時間は掃除と散歩です。

お散歩しながら聞いて、あとでもう一度同じところを聞き直すとその時見ていた風景も一緒に思い出すのです。意外と頭にはいっています。もう一度読みたい場合は、キーワード検索して呼び出せます。

座って読む必要がないので座りすぎ問題も解決できます。

 

まとめ

2020年は本を月3冊以上読む目標を立てましたが、今はそれを大きく上回っています。

今までは仕事・家事・育児が終わってソファで本を読み始めると5分で居眠りという状態でした。

せっかく買った本もいつまでも読まないまま。

それが今、一番うれしいのはどんな本でもツンドクにしない自信がついたこと。

本当によい本を読む(聞く)と読後に感動するのです。

忙しくて座って本を読む時間のない方、そんな素敵な経験をぜひ味わってください。

 

 

参考サービス

 

 

 

-イタリア X 暮らし
-, , , , ,

Copyright© ますますみのる , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.